読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funclur

東京の片隅で社畜を謳う

雨の日に履く靴は、これで決まり!防水性の高い素材は意外なアレ!?

スポンサードリンク

雨の日って靴選びに迷ってしまいますね。

レインブーツを履いてしまうと午後雨が止んで、しかも晴れたりなんかしちゃうと蒸れてしまうし、見た目も良くないですよね。

しかし、デッキシューズなどお洒落っぽい靴は大体が雨に弱い気がします。

自分もそういう靴ばかりを選んでいた為、靴下までぬれて大変気持ち悪い思いをしていました。

でも今年の梅雨からは雨にも強い、晴れにもはける靴を探そうと思い調べましたのでまとめます。

レインブーツ系やゴアッテクスは除いています。

合皮、そして意外にもスエード素材がおすすめ

先にも述べたように、素材によって防水できるかは変わってきます。

abcマートの店員、ネットから情報を集めたところ合皮と、スウェード素材が比較的雨水に強いということでした。

合皮

合皮は、不織布の表面にポリウレタンなどを塗って、その上にナイロン樹脂やポリウレタン樹脂をコーティングして仕上げたものをいいます。
本革に比べて値段がお手頃ですし、手入れが楽ということもあり、雨の日の靴として合皮の靴を選ぶ方が多いようです。

合皮というとビジネスシューズをイメージしがちですが、中には合皮のスニーカーもあります。

店員さんに「合皮のスニーカーはあるか聞いたら、ほとんどないですねえ」とのことでしたが1点だけ見つけ出してくれました。

価格もリーズナブルでadidas派なので本日その合皮スニーカーを買いました。

スエード

雨の日のスエードの靴についてですが、、
その昔は、スエードは水が染み込んでシミになるので
雨の日は絶対NGだと言われていました。
それが何時からか、実は防水スプレーをかけると
スムースレザー以上に水を弾くのだ、と言われるようになり、
最近では、専用のシャンプーで水洗いするとシミまで取れる!と
シューケアブランド等が情報発信するようになりました。

「スエードは防水保湿スプレーをしなかったら表皮よりも雨に弱いが、スプレーをしたら表皮以上に強くなる」
という事だったみたいですね。
実際あのあとスエード靴を買って防水保湿スプレーをした後に水を少し垂らして見たら、ものの見事に弾いてしまいました。

ということで意外にもスエード素材が、一番水を吸収しそうですが、防水スプレーをかけると圧倒的な効果を出すそうです。


どちらの靴も、防水スプレーを忘れずに吹きかけることがポイントのようですね。

防水スプレーはamazonで一番人気のこちらの商品を買いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。調べてみると意外なことがわかるものですね。

また、自分は店頭で買いましたがamazonで買うと1000円くらい安いです。orz

無料で返品・交換もできるらしいし。。次からはamazonをごひいきしていこうと思ます。


無料で返品・交換情報↓
Amazon.co.jpメッセージ



以上、雨の日は合皮とスエード+防水スプレーで乗り切りましょう!

結果(2016/09/22追記)

雨の日に、何日か履いてみて合皮とスエード素材どちらが雨に濡れないか試してみました。

結果は、

スエードは、やっぱ濡れる!

合皮は防水性高い!

ということです。それぞれ1足ずつでしか試してないのでわかりませんが、自分の持っているスエードは防水スプレーかけてもやられてしまいますね。

合皮は、それ以来ずっと雨の日は履いています。