読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funclur

東京の片隅で社畜を謳う

iOS10の最新情報~機能・アップデート時期・対応機種まとめ~

スポンサードリンク

Appleが毎年開催している恒例の開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」にて、6月13日、iOSバイス向けの新OS「iOS 10」が発表されました。
登壇したAppleのソフトウェア担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏いわく、今回のiOSアップデートは史上最大とのことですので要点をまとめてみました。

目次

対応機種

対象

Phone
iPad
iPod

iOS 9の対象機種だったが対象外

注目すべき新10機能

1.ユーザーエクスペリエンス(ロック画面・通知機能・アクセシビリティ向上・3Dタッチの拡張)

  • iphoneを手で持つだけ(角度を変えたら?)で、明かりがつきロック画面が表示されます。
  • 3D Touchが使用可能です。
  • ロックしている状態でメッセージの通知を開いて閲覧・送信が可能
  • ロックしている状態で画面を上からスワイプして通知センターを表示・一括削除
  • コントロールセンターを横へスワイプして音楽再生-カメラは横方向へスワイプするだけで起動するようになった。
  • 写真や動画を見れる
  • 「天気」アイコンを3D Touchして天気予報を表示させたり、「カレンダー」アイコンを3D Touchして予定を表示させたりできる。

ロック画面でできることが増えましたね。でもロックの意味は!?と思うところもあったり。。

2.Siri

  • WeChatでSiriを使って音声入力
  • タクシー配車アプリ「Lyft」でタクシーの依頼が可能
  • 写真アプリで検索にSiriを使用
  • Siriをデベロッパに開放
    • そのためサードパーティー製のアプリでSiriを利用できるようになる。つまり、appleではない別の開発者が開発したアプリにsiriを連携して使うことができるということ
    • 「WeChatでナンシーに『5分遅れる』って言って」とかが可能になります。
  • CarPlayで、エアコンやカーラジオの設定が可能
    • 運転中は手での操作は危険なのでとても便利ですね。

3.Quick Type

  • 予測変換がより高度になる
  • メッセージアプリで現在地の地図を埋め込み可能
  • 連絡先情報を予測候補に表示
  • キーボードを切り換えることなく複数の言語入力をサポート
  • 相手の質問の文脈から候補を出す

例えば、今いる場所を問われたら、候補が表示され、電話番号と打つと特定の人の電話番号の候補を出す。予定の話をキャッチされたらカレンダーを表示するという、お節介なくらいこちらの動きを読んで対応してくれるそうです。

4.写真

  • 顔認識機能が追加
  • 写真に写っている物や景色を認識
  • それによって人や背景などを判断してコレクションを作ります。
    • 例えば「~さん」の写真をフォルダとしてまとめあげる機能です。
  • 「週末のハイキング」「1歳の誕生日」など特定のイベントごとに分類する「Memories」という項目を用意。
  • 音楽、タイトル、映画のようなトランジションを使ってスライドショーが可能
    • このMemories機能では、スライドショーの長さやBGMを設定することも可能。
  • 人物、場所、動物名などから特定の写真を検索できる。

古い写真も埋もれずに、見たい写真にアクセスするのが早くなりそうです。

5.マップ

  • カレンダーに登録した予定から最も早いルートを提案
  • 画面を下から上に向かってスワイプすると、カレンダーの情報や日常の行動データを基にした場所の候補を表示
  • 運転者用に案内中ガソリンスタンドの位置情報を表示
  • レストランの予約アプリOpenTableで予約した店の位置情報を表示
  • マップアプリからタクシー配車アプリUberで呼び出しが可能

もっぱらgoogle mapを使用していますがmapアプリも機能性が上がっているようです。

6.Apple Music

  • シンプルなデザインに刷新
  • 再生中の曲の歌詞が表示可能
  • 最近再生した楽曲
  • 曜日ごとにおすすめの曲プレイリスト
  • Radioでは約100か国の生放送ラジオが無料で視聴できる おすすめの放送番組や曲が表示される

歌詞機能はすごいですね、音楽配信などは歌詞が見れないことが難点でしたがそれを見事にカバーしてくれるようです。

7.ニュース

  • 配信元が2000以上のニュースアプリ
  • Featured Storiesでは独自にピックアップした記事を掲載
  • 日本では未対応
  • 速報はロック画面に表示

8.「HomeKit」用の「ホーム」アプリを提供

  • 「Home」アプリで様々な家電をまとめて操作可能
    • Siriに「おはよう」と言うとカーテンが開いて電気がつくなど個々で設定が可能
  • もちろん対応可能な家電が必要

今後より伸びていく分野かもしれません。

9.電話

  • 電話帳には通話アプリのアカウントも表示できる
  • 留守番電話の内容を自動で書き起こされる
    • そのため、留守番電話を聞くことができない状態でも内容を確認することができます。
  • 電話帳に登録されてない番号からかかってきたら、電話番号を検出して発信者情報を表示してくれます。

これはとてもありがたいです、いつも番号を暗記してネットで検索していたので。

10.iMessage

  • URLを送ると、サイトの名前と画像を表示する「リッチリンク」機能
  • youtubeの動画のURLを送れば、アプリ内で再生が可能
  • アプリ内でカメラアイコンをタップするとライブで表示される。アプリを切り替えずに撮影、送信が可能
  • 絵文字が3倍
  • 文字の予測変換に絵文字が加わる
  • 入力済みの文字をタップして絵文字に変換
  • 吹き出しの効果を変えることが可能。
    • 巨大な吹き出しや吹き出し内の文字を小さくすることも
  • invisible inkで文字や画像にモザイクをかける
    • 指でなぞるとモザイクが消える(謎)
  • Tapbackでハートやいいねがつけられる
  • メッセージの手書き機能
  • Full-screen effectsでメッセージの背景に動画を仕込むことができる

日本ではLINEをメッセージアプリとしてる人が大多数だと思いますので、どこまで流行るのか楽しみですね。

まとめ

紹介しただけでもかなりの機能がアップデートされるようです。

まだまだ知らないアップデート機能もありそうですが、過去のアップデート後のバグにより様子見を宣言する人も少なくないようです。

アップデート開始時期は今秋とのことですが、いずれにしても楽しみにせずにはいられない内容でした。