funclur

東京の片隅で社畜を謳う

まぐろ好きなら高コスパなみさきまぐろきっぷでまぐろ三昧~おすすめの食事・店舗紹介~

スポンサードリンク

知る人ぞ知るコスパ最強のみさきまぐろきっぷをご存知でしょうか。

みさきまぐろきっぷとは?

京浜急行電鉄が発売する企画乗車券。指定の店舗で使用できる食事券などがつく。

【引用元】みさきまぐろきっぷとは - コトバンク

どのくらいコスパがいいの?

品川~三崎口の一例ですが、

  • 【往復の電車代+バス代(乗り放題)】
  • 【提携してる飲食店の食事券】
  • 【レジャーorお土産代】がついてなんと

3,060円です!


通常なら↓

  • 電車代 1,720円
  • バス代 660円
  • 食事券 個人的な感覚ですが1,500円以上
  • レジャー 1,200円前後

合計 5,080円相当が3,060円になるわけです!!

これは、行くしかない!

行き方

1. とりあえず予約等は何もせず行きたい時に行きます。品川、京急蒲田京急川崎、横浜、上大岡、金沢文庫で券が販売されています。

2. 「お得なきっぷご案内」が目印のきっぷうりばを目指します。

f:id:funclur:20160814222051j:plain

f:id:funclur:20160814221608j:plain

3. みさきまぐろきっぷと必要な枚数を伝えます

4. ここまでに使用したSuicaや乗車券を提示します。

5. 券を4枚もらいます。乗車券と清算券、食事券、レジャーorお土産券です。

品川〜三崎口まで行くための改札には乗車券と清算券を同時に入れます。

乗車券が戻るので、それはバスで降りる時に見せるのと帰りの電車で使います。

f:id:funclur:20160814222412g:plain

行きの電車を降りる際は、乗車券を改札に通さず改札の隣の通用口から出ます(注意!)

ちなみ電車やバスは行きも帰りも座れました。

f:id:funclur:20160814222550j:plain

混み具合によりますが、比較的電車は座りやすいようです。

早速ランチでまぐろをいただきます。

いっぱいありすぎて迷うまぐろ店

計30店舗のまぐろ料理店から選ぶのは大変です。

なぜならたぶんどこも美味いからです笑


最も店舗数が多い地域、三崎港・城ヶ島から選ぶことにしました。

迷ったのはこの4店。

  • 鮮味楽

http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14011758/tabelog.com

  • まぐろ食堂 七兵衛丸

http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14012928/tabelog.com

  • しぶき亭

tabelog.com

  • 紀の代

tabelog.com



最も人気があって最も並ぶのは断トツくろば亭です。

tabelog.com


前回初めて来た時は、やはり1番有名なくろば亭にいきました。確かにまぐろの天ぷらがめちゃくちゃ美味いんですけど今回は中トロが食べたかったので鮮味楽にしました。

バスで移動し→降りて1~2分のところにお店がります。

贅沢すぎるまぐろづくしの海鮮丼 鮮味楽

f:id:funclur:20160814221926j:plain

f:id:funclur:20160814222021j:plain

赤身2枚、中トロ2枚、びんちょう2枚、中落ち、まぐろのたたきというこれでもかというほどのまぐろ丼です。

当たり前ではありますが、全部新鮮で1番嬉しいのは一つ一つのネタがでかいことですね。

f:id:funclur:20160814221913j:plain

f:id:funclur:20160814221930j:plain

お目当の中トロも脂がのってて美味すぎます。

これだけで帰っても満足なくらいですが、レジャーも選ぶこともできます。温泉や、水族館、船などありますが、前回船は乗ったのと、温泉や水族館はちょっと遠かったため、お土産を選びました。

2人で行ったためまぐろのすき身2つとメカジキのぶつ切り。およそ1700円相当(!)です。

みさき夜市

この日はみさき夜市という祭が開催されました。

それ目当てで今日行ったんですけど、ブログが長くなってきたのでGIFアニメーションダイジェストでお送りします。

f:id:funclur:20160814221407g:plain

まとめ

行ったことない方はまぐろの島三浦半島の三崎港へ行ってみてください!


ちなみに三浦半島・三崎港・三崎口と近くに三ばっかあってややこしい!笑

はじめて行かれる方は、よく下調べしてから行くと良いかもしれません。

www.keikyu.co.jp