funclur

東京の片隅で社畜を謳う

綺麗なオムレツを作るための11のコツ

スポンサードリンク

といっても自分がまだ完ぺきではありません。料理ド素人のアラサ―30男子です。

自分が情報収集した知識と実践してきて感じたコツを太字にして作り方を記します。

  • 卵2個、フライパンは20cmから18cm用意します。
  • 牛乳や塩などを加えます。

f:id:funclur:20161023103831j:plain

  • 箸でよくかきまぜます。回して混ぜるのではなく黄身と白身を切るようにかき混ぜます。泡立て器を使うと時短できますが、あまりかき混ぜすぎるとふっくらしなくなるそうです。

f:id:funclur:20161023104200j:plain

  • フライパンに火をつける前に皿、菜箸などは全て近くに用意しておきます。
  • 中火で火をつけます。この後も火加減を変える必要はありません。
  • 油を大さじ1ほど入れます。この時油がフライパンに溜まるようでしたら捨てましょう。
  • 菜箸に卵をつけてフライパンに落としたとき、ジュワっと音がしたらOKです。フライパンから煙が出てしまったら熱し過ぎなので冷ましましょう。
  • 一気に卵を流しいれます。
  • 入れ終わったらフライパンを揺らしながら菜箸で卵をかき混ぜます。この時フライパンの底に菜箸をつけ過ぎないよう気を付けます。キレイに仕上がらせるためです。

f:id:funclur:20161023104157p:plain

  • フライパンを斜めにしても卵が流れ落ちない程度になったら

f:id:funclur:20161023104155p:plain

フライパンを置いて2~3秒そのまま熱し、フライパンをガンガンとコンロに叩きつけます。これは卵の底を固め、フライパンから卵を剥がし
やすくするためです。

  • 手前から卵をめくっていきます。半分ほどめくって扇状にします。特に両端を綺麗に閉じるのがポイントです。自分と逆側のフライパンの側面に菜箸を通し、トントンします。

f:id:funclur:20161023104153p:plain

  • フライパンを45度ほど下に傾け、手首で上に持ってきたときにトンっとする作業を繰り返します。おのずと卵がひっくり返るはずです。

f:id:funclur:20161023104151p:plain

  • ひっくり返ったら裏面を2~3秒溶接します。今の状態を皿に乗せるためもう一度同じ作業をしてひっくり返します。
  • 返ったらすぐ皿を持ちVの形で皿に盛りつけます。

f:id:funclur:20161023104717j:plain

↓目標はホテルで出されるオムレツくらい綺麗にすることです。

f:id:funclur:20161023105017j:plain

キレイすぎる!!

TKG(テイケイジイ) IH対応 オムレツパン 20cm AHLQ320

TKG(テイケイジイ) IH対応 オムレツパン 20cm AHLQ320