funclur

東京の片隅で社畜を謳う

最初のプレミアムフライデーは2月24日に決定!!

スポンサードリンク

f:id:funclur:20161213012226j:plain

いつから

funclur.hatenablog.com


ついに最初のプレミアムフライデーが2017年2月24日に決定しました!

2月24日ということはバレンタインデーの興奮冷めやらぬ時期、世の男性の財布のひもは固いかもしれません。

ただ多くの社会人は25日が給与の支給日でもありますから、そういう意味ではいいタイミングかもしれませんね。

対象となる企業、実施する企業は?

始めのうちは土日休みの大手企業、銀行、公務員が対象のようです。中小企業にもどんどん広がるといいですが、個々の会社の判断に委ねられていることもあり可能性は未知数と言えそうです。

うちの会社も微妙かな~。

どんな催しがあるの?

百貨店などの流通業、旅行業界、居酒屋、レストランなどの外食産業がプライアムフライデーのための何らかのイベントを行うと考えられます。

流通業

百貨店大手は、プライアムフライデーに向けて企画を練っているそうです。

すでに、来年のスタートを見据えて企業は計画を練っている。三越伊勢丹ホールディングス(3099.T)は、三越日本橋本店がある日本橋地区において高島屋(8233.T)、三井不動産(8801.T)と3社共同で企画を考えており、年末までに詳細を詰める。

引用:http://mainichi.jp/articles/20161213/k00/00m/020/055000c

消費者としても価格に幅があるため最も手を出しやすい消費活動でしょう。
また、あくまでも低価格のようなセールではなく、品質や希少な価値を見いだせるイベントやサービスになりそうな気がしています。

早い時間の終業を受けて夕方に流通業界や旅行業界、外食産業などが連動してイベントを開催するという内容。流通業界には商品の価格を引き下げる「セール」への抵抗があることを踏まえ、イベントにすることで消費喚起を前面に押し出していく狙いがある。

引用:http://mainichi.jp/articles/20161213/k00/00m/020/055000c

安売り目的ではなく「良質の商品やサービスを適正な価格で提供してもらいたい」(経産省)としている。

引用:http://www.sankei.com/economy/news/160812/ecn1608120033-n1.html

行ってみたい気もしますが、混みあいそうです。

旅行業界

最もプレミアムなフライデーの過ごし方は旅行ではないでしょうか。仕事を15時に終え、そのまま飛行機や新幹線、電車で目的地に行って夕ご飯も現地で食べれますね。
これは今までのフライデーでは不可能だったので人気がでそうです。

旅行業界では、仕事を終えた金曜日のうちに出発するプランのメニューも増えそうだ。エイチ・アイ・エス(9603.T)は、国内旅行や近場の海外旅行の需要に結び付くと期待している。

都心から行けるプチ遠出の旅行も増え地元地域の活性化にもつながりそうです。有給をつなげないと2泊3日の旅行なんて行けませんでしたからこれは本当にいいですね。

でもやっぱり安く行きたい...!

外食産業

もし自分がプレミアムフライデーの対象になったらまずは外食産業を利用することになるような気がします。
昼間のお酒って美味しいですし。いつもは夜からオープンの店も早めに開店してくれるのでしょうか。

でもこれって金曜の夜に普通に飲みに行くのとあまり変わらない気がしますが。。

むしろその場合プレミアムウェンズデーにしてもらえれば次の日会社でも飲みに行けるんですけどね!

プレミアムフライデー提供企業

やはり旅行会社は計画する必要があるので企画が早いですね!
JTBとHISは既に格安の旅行プランの予約を開始しているようです。

ツイッターの声

https://twitter.com/mizu_on/status/808287016718766081

マイナスな意見が多いですね。。

ん~やはり、サラリーマンと一般消費者を対象にしたサービス業って働くタイミング違うと思うので金曜なんかは稼ぎ時ですよね。

だから成り立ってるわけでプレミアムフライデーは良いと思うんですよ。ただサービス業の方を対象にした日があってもいいんじゃないかと思いますね~

でもその日を一律で決めてしまっては、サービスを提供する側がいなくなりますから結局は会社ごとでそういう日を作るしかないんでしょうね。

まとめ

まだまだ賛否を巻き起こしてるプレミアムフライデーですが一体どうなることでしょう。

あと2か月余り、動向を見守りたいと思います。