読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funclur

東京の片隅で社畜を謳う

スヌーピーミュージアム第3段「ともだちは、みんな、ここにいる」に行った(ネタバレあり)1

スポンサードリンク

スヌーピーミュージアムに行ってきました!

1回目
www.funclur.com


3回目のテーマは、スヌーピーやチャーリーブラウンの周辺の登場人物にスポットを当てています!
今まで作者やスヌーピー、チャーリーブラウンのことがほとんどで、その他の登場自分物のことを知りたかった人も多いと思います。
自分もその一人でした。

なので2017年4月のスヌーピーミュージアムはいつにも増して楽しみにしていました。


外観からピーナッツの仲間たちが出迎えてくれます。

f:id:funclur:20170501094613j:plain

中に入ってチケット購入待ちの時間もオブジェで楽しませてくれます。

f:id:funclur:20170501094614j:plain

シュローダー

f:id:funclur:20170501094616j:plain

音楽に夢中で、憧れのベートーベンのような偉大な音楽家になろうと、日々腕を磨いている。
スヌーピーとルーシーはシュローダーの弾くピアノのファンで、いつもピアノにもたれたり、乗ったりしたがる。

彼はおもちゃのピアノでソナタを弾く合間に、外ではホームベースの後ろに陣取り、頼りがいのあるキャッチャーとしてチャーリーブラウンの投げるボールを受け止める。

初登場 1951年5月30日
特技 ピアノの名演奏
シンボル おもちゃのピアノ
弱点 ベート-ベン
知ってた? 「シュローダー」はシュルツの家の近所に住んでいた、ゴルフのキャディをしていた少年の名前

ライナス

f:id:funclur:20170501094617j:plain

近所で一番利口な子ども。ただし人からそう言われても、自分では絶対に認めようとしない、ルーシーの弟という役割は大変そうだが困った様子は少しもなく、分別があって、哲学者のような話をする。チャーリーブラウンの一番の仲良しで、野球チームではせかんどを守る。ハロウィンの夜にカボチャ畑に行けば水色の「安心毛布」にくるまって寒さをしのぎ、かぼちゃ大王がやってくるのを待っているライナスに必ず会える。

初登場 1952年9月19日
特技 安心毛布を多用し身を守ること
シンボル 水色の安心毛布
弱点 かぼちゃ大王を信じていること
知ってた? アニメ「スヌーピーのメリークリスマス」で聖書を引用したライナスの台詞をボツにされそうになった

ルーシー

f:id:funclur:20170501144847j:plain

近所ではご機嫌ななめの威張りん坊として知られる。
チャーリーブラウンのだめなところを一つ一つうれしそうに数え上げたり、弟のライナスの安心毛布を取り上げたりするときも、自分は正しいと信じて疑わない(「精神分析」スタンドを開き、良心的な料金で悩みの相談にのっているくらいなのだから)。
楽しいいたずらが大好きで、犬にキスされるのは大嫌い。
ルーシーがおとなしくなるのはシュローダーがピアノを弾いているときだけ。

初登場 1952年3月3日
特技 自分はいつも正しいと思うこと
シンボル 精神分析スタンド
弱点 シュローダー
知ってた? 連載が始まった頃からルーシーはずっと男女同権を主張

チャーリー・ブラウン

f:id:funclur:20170501094619j:plain

チャーリーブラウンは精一杯頑張っているのにいつも空振りばかり。世界で一番弱いリトルリーグのチームを率い、凧食いの木と果てしなく戦い、片思いの赤毛の女の子に話しかける勇気を持てない男の子。不器用だけどいつもやさしい兄であり、愛犬を慈しむ飼い主。そしてみんなにとって、ちょっといいやつ。

サリー

f:id:funclur:20170501094620j:plain

何でも説明してもらわないと気が済まない、チャーリー・ブラウンの妹。
「どうして兄さんはいつも失敗ばかりしているの?」、「なぜ学校に行かないといけないの?」、「なぜライナスは、わたしのすてきなバブーちゃんは、わたしのことを好きじゃないの?」、「それからベネズエラの首都はどこだっけ?」...。サリーはいつも答えを探し、見つからなくてぐるぐる考えをめぐらしているうちに。「関係ないでしょ」というもともと抱いていた人生観に戻ってくる。

初登場 1959年8月23日
特技 校舎に話しかけること
シンボル 横に広がった黄色い髪、水玉模様の服
弱点 すてきなバブーちゃんこと、ライナス
知ってた? 「バブーちゃん」の言いだしっぺはジーン・シュルツ



リラン

f:id:funclur:20170501094618j:plain

ルーシーの家族、ヴァンベルト一家の末っ子。
母親の自転車の後ろに載せられたときには、穴に落ちて道路に放り出されたり、トレーラーにぺしゃんこにされないよう、しじゅう祈ってる。
兄のライナスに似て自分のことを、あれこれ考えるタイプだが、安心毛布は必要なし。絵をかくのが大好きで幼稚園で「アンダーグランド・コミックス」を描いたことで知られている。

ペパーミントパティ

f:id:funclur:20170501094621j:plain

ペパーミントパティが住んでるのは仲良しの「チャック」こと、チャーリー・ブラウンの家から少し離れたところ。
学校の成績は散々でも、放課後に運動場に行けばペパーミントパティの独壇場。野球、フットボール、スケートとスポーツ万能。しかし父親が彼女を「わたしの大切な宝」と呼ぶ理由はスポーツ以外にもあるみたい。

マーシー

f:id:funclur:20170501094555j:plain

ペパーミントパティの親友。しかし彼女とは何から何まで正反対。パティは勉強が大の苦手、マーシーは成績優秀。パティがホームランを打っても、マーシーには野球とホッケーの違いすら分からない。マーシーはチャーリー・ブラウンがお気に入りで、彼のことを「チャールズ」と呼び、いつもそばについて離れないパティのことは「先輩」と呼ぶ。

フランクリン

f:id:funclur:20170501094556j:plain

チャーリー・ブラウンと浜辺で知り合い意気投合、以来たびたびチャーリー・ブラウンの家の近所に遊びに来てる。そしておかしなビーグル犬や「精神分析」スタンドをやっている女の子、いつも毛布を放さない男の子たちの変人ぶりをわかっている。チャーリー・ブラウンとは壁にもたれて並んで座り、祖父の話をすることがたびたび。

ピッグペン

f:id:funclur:20170501094557j:plain

どこかにホコリが溜まっていたら。きっとその中にピッグペンがいる。ピッグ・ペンは、人生にはすばらしいものがたくさんあると知っている。例えばすすやホコリ、泥や垢だって。ホコリまみれの見かけとは裏腹にピッグペンがいつも堂々としているのは、「積年のチリ」が自分にはくっついているとよくわかっているから。

まとめ

人物の紹介があってからその人柄を表すエピソードのコミックが展示されています!
スヌーピーをよく知らない人もその魅力に虜になること間違いなしです!
是非足を運んでみてください。

www.funclur.com

www.funclur.com