funclur

東京の片隅で社畜を謳う

WWDCに招待された82歳のITおばあちゃん若宮正子さんとは?

スポンサードリンク

若宮正子さんはAppleの年次開発者会議WWDCに招待された最高齢の女性ということで一躍世界中の有名人になりました。

若宮正子さんとはいったいどんな人なのでしょう?

若宮正子さんとは?


若宮さんは、銀行勤めで60歳になるまでコンピューターに触れることはありませんでした。

きっかけは母の介護。
もともとおしゃべり好きな若宮さんはなかなか外に出れず交流ができないことに焦りを感じました。そして、そこで出会ったのが雑誌で見つけたパソコンの紹介記事でした。

機会に弱い若宮さんでしたが、介護とおしゃべりを両立するには、頑張るしかないという思いがあったそうで、3か月後めでたく接続に成功したそうです。

その頃まだインターネットが普及してない時代ですからFメロウという老人クラブに入会し通信で掲示板にアクセスしたそうです。

そこのウェルカムメッセージで

「人生60歳を過ぎればおもしろくなります」

と書いてあったそうで、嬉しくなったということです。

パソコンのない世界とは違う、広い世界が見え同じシニア世代に目を向けるようになりました。

パソコン学習

シニアにとって面白いパソコン教材がなかった。

エクセルも数字ばかりで面白くない。面白い教材がなければ自分で面白い教材を作ればいいと考えました。

そこで考えたのが手芸の延長線上にエクセルを持ってくるエクセルアートだったと言います。

エクセルアート作品を多数制作し、実際のグッズに起こしてます。

シニア向けにパソコン教室も開くようになりました。

hinadan

そして2017年2月23日にリリースしたアプリ「hinadan」が話題になりました。

hinadan

hinadan

  • Masako Wakamiya
  • エンターテインメント
  • 無料

80過ぎのオババが作った
ハイシニアが楽しめる雛壇飾りアプリです。

説明は控えめでシンプルですが、レビューはなんと4.8という好評価!

ネットニュースで見て気になってアプリ取りました。81歳の方が作られたとは思えません!
今度実家に帰った時におばあちゃんと一緒にしようと思いました!このゲームならおばあちゃんでもできそうで嬉しいです!

Yahoo!ニュースにて知り、ダウンロードしました。アイデア、お年寄りに有利なゲーム性など、一風変わったアプリで楽しかったです。次回作も期待しています。


制作期間は、約5ヶ月間。初めてのswiftに挑戦してわずか5ヶ月でゲームを作成しました。

作成にこだわった点はやはりシニア向けなのでお年寄りに使いやすい点です。お年寄りはスワイプが手が震えてしづらいということが若宮さんは知っていたのですべてタップ操作に統一。
音も聞こえづらいお年寄りもいるので、文字でも示すようになっています。

今後もシニアに向けたアプリを作成する予定だそうです。

リンク集

まとめ

何かを始めるのに遅いということはないんだなと気づかされました!自分も若宮さんのようにいろんなことに挑戦したいですね。