funclur

東京の片隅で社畜を謳う

Mステ出演!満島ひかりとのコラボ曲「ラビリンス」で話題!MOND GROSSOとは?

スポンサードリンク

headlines.yahoo.co.jp


満島ひかりとのコラボ曲「ラビリンス」は、6月7日発売のMONDO GROSSO 14年ぶりのnew album何度でも新しく生まれるに入っています。満島ひかりは、最近ではドラマ「カルテット」の主題歌でも歌唱力に定評がありますね。

今回満島ひかりをボーカルに抜擢したのがMONDO GROSSOをソロプロジェクトに持つ大沢伸一です。
満島ひかりは良く知ってるが大沢伸一やMOND GROSSOを知らないという人も多いのではないでしょうか。

大沢伸一とは

主にクラブミュージックを軸とした作曲活動やDJをしています。
自分の知ってるところでは、EDMが流行る数年前、日本で4つ打ちで盛り上がるといえば大沢伸一と中田ヤスタカでした。
EDMのようにくぅーーーーーーーん↑みたいなことはしてませんでしたが、歪んだシンセサイザーのリフがかっこよかったですね。

その頃のアルバムがこれです。

The One(初回限定盤)

The One(初回限定盤)

REMIXも多数手がけていて安室奈美恵や浜崎あゆみなどをクラブミュージック化しています。

TEPPAN-YAKI -A Collection Of Remixes-(初回限定フラッシュプライス盤)

TEPPAN-YAKI -A Collection Of Remixes-(初回限定フラッシュプライス盤)

しかし、EDMが流行りだしてからはぱったりとそれに似たジャンルを追い求めることはしなかったようです。
無機質なテクノを作り出しましたがこれもこれでいいんです。作業用BGMにはもってこいです。

SO2

SO2

Shinichi Osawa & Paul Chambers present SINGAPORE SWING

Shinichi Osawa & Paul Chambers present SINGAPORE SWING

ラビリンス

今回の満島ひかりとのコラボ曲であるラビリンスは、新しさの中に90年代の懐かしさをメロディーに入れてるような気がします。
浮遊感がたまらん。

「休止している間、日本の音楽シーンを見てきて、90年代に僕らが切り崩そうとしたJ-POPへの野心的な挑戦が滞っているのかなと。であれば、モンド・グロッソとしてその要素のひとつになりたいと思いました。日本とか海外とかをセグメントしないモンド・グロッソの視点で、敢えて日本語曲を作るという。リリックは日本語ですが、現在の日本の音楽シーンのことは逆に意識しないようにして曲を作る、そういうバランスで。」

http://www.mondogrosso.com/

何度でも新しく生まれる(DVD付)

何度でも新しく生まれる(DVD付)

満島ひかりがMステと大沢伸一がNHKに出演します。

テレビ朝日系『ミュージックステーション』
06/16(金)20:00~

NHK『バナナ♪ゼロミュージック』
06/17(土)22:20~