funclur

東京の片隅で社畜を謳う

ドキュメンタルシーズン3は史上最高傑作か!?ゾンビルールに期待大!

スポンサードリンク

ドキュメンタルシーズン3が8/2(水)から配信始まりました!

ドキュメンタルシーズン1、2と比べて3の見どころ、出演者分析をしたいと思います。

シーズン3の特徴

今回圧倒的に出演者が豪華です。
シーズン1とシーズン2は100万円を拈出するのに苦労する人や出演を迷いながら決めるような若手が多い印象でした。
しかし今回は中堅やM1優勝者など100万円を優に出せるのでは?というくらいの世間で認められている芸人が多数。1、2の下品だけではない、能力のある笑いが激突するのではないかと自分は期待しております。

ゾンビルール

今回新たにゾンビルールが設けられました。
ルールは以下です。

  • 脱落者がゾンビとして再登場。まだ残ってる芸人を笑わせる。
  • ゾンビが残りの全芸人を笑わせたらノーコンテスト 100万円は払い戻し
  • ゾンビだけで打ち合わせをしたりチームプレーも可。
  • ゾンビが笑うのもOK

これには芸人も戸惑いながらも100万円が払い戻されるのは、安堵したかもしれませんね。

出演者分析

出演者は以下10名。

  • ケンドーコバヤシ
  • フットボールアワー後藤
  • ロバート秋山
  • TKO木下
  • レイザーラモンRG
  • 野性爆弾くっきー(2回目)
  • プラス・マイナス岩橋
  • サンドウィッチマン伊達
  • オードリー春日
  • 極楽とんぼ山本

以下、個人的な攻撃力と防御力の予想と松本人志コメントと本人コメントです。攻撃力と防御力の予想趣味も入ってますのであしからず。

ケンドーコバヤシ

攻撃☆☆☆☆☆
防御☆☆☆☆
松本人志コメント
オールラウンド型。すべらない話、一人コント、大喜利、下ネタもできる。安定感もあるから強いと思いますね。

めちゃくちゃ面白かったです。シーズン1、シーズン2を観ている時期に招待状が届いたので、うれしいなという気持ちと嫌だなという気持ちがマックスでした。プロ集団が集まる戦いなので、ネタのクオリティや面白いことをするのは当たり前。何よりも、間だったり、どのネタをどこで使うかというタイミングが決め手かなと思うので、そういう部分を大事にしたいです。

フットボールアワー後藤

攻撃☆☆☆
防御☆☆☆☆
松本人志コメント
周りを客観的に俯瞰で見れる俯瞰芸人。彼がひっぱてくれる気がする。ピンでもできるやつ。

シーズン2は特に生々しかったです。みんな普段からいろいろなネタを考えながら、完成されたものを出していくんですけど、裸になったり訳がわからなくなっている姿は、芸人が見たら全員ぞっとするんじゃないでしょうか。あの現場はなんなんだろう?と惹きつけられて参加を決意しました。いろんな状況が起こると思うので、どれだけ生き残れるのか試したいです。

ロバート秋山

攻撃☆☆☆☆☆
防御☆☆☆☆

松本人志コメント
素人に対しても玄人に対してもいける。役者もいけるからずるい。僕はいやですねえ。
表笑いも裏笑い※もできる
※狙ってないのにとれてしまった笑いの事

面白い番組ですね、観ていてとてもドキドキしました。ジミーさんがツボでした。参加するにあたって、戦略についてはノープランですが、ナチュラルに攻めて、守るときは守りたいと思います。頑張ります。

TKO木下

攻撃☆☆☆
防御☆☆

松本人志コメント
優勝の可能性は低くない。ゲラなので変なとこに入らなければいける。凶器の部分持ってますねえ。

めちゃくちゃ面白かったです。シーズン1、シーズン2を観ている時期に招待状が届いたので、うれしいなという気持ちと嫌だなという気持ちがマックスでした。プロ集団が集まる戦いなので、ネタのクオリティや面白いことをするのは当たり前。何よりも、間だったり、どのネタをどこで使うかというタイミングが決め手かなと思うので、そういう部分を大事にしたいです。

オードリー春日

攻撃☆☆☆
防御☆☆☆☆☆

松本人志コメント
さささっといいとこ見計らっておいしいとこ持ってく気がする。

非常に面白い企画だなと思いました。観ながら自分が参加したときのことをシミュレーションしていました。その結果、連覇していたので、今回はどういうパターンになるのかというところが肝です。一番怖いのは自分自身で笑ってしまうことなので、攻めすぎないよう見極めながらやっていきたいです。自分との戦いだと思っています。

野性爆弾くっきー

攻撃☆☆☆☆☆
防御☆☆

松本人志コメント
記憶には残りますが、優勝はないんじゃないですか笑
ジミー系ではあるんですけどしょうもないことで笑ってしまうので。

前回、自分が参加したときは、出し切らないまま終わったかなという感じです。今回は武将を気取らず、地べた這いつくばって、泥食ってでも大将の首を狙うような奴でいきたいです。

レイザーラモンRG

攻撃☆☆☆☆
防御☆☆☆

松本人志コメント
TVでできない部分はいろいろあるから、そこをぶつけられると凄い破壊力を秘めてる可能性はある。
ハートの強さは一番じゃないかな。

感動しました。特にシーズン2の最後は震えました。いい映画、いいスポーツの決勝戦を見たような感覚でした。今までウケたなと自分なりに思うネタを準備してきましたが、その上をいく動き、脳みそがワンステージ上を行かないと勝てないなと思います。最強だと思っているキャラを投入して反応をみたいと思います。

サンドウィッチマン伊達

攻撃☆☆☆☆
防御☆☆☆

松本人志コメント
伊達と後藤がリードするんじゃないかと思う。伊達と後藤のポジション取りがシーズン3を大きく左右する。

面白い番組ですね、観ていてとてもドキドキしました。ジミーさんがツボでした。参加するにあたって、戦略についてはノープランですが、ナチュラルに攻めて、守るときは守りたいと思います。頑張ります。

プラス・マイナス岩橋

攻撃☆☆☆☆☆???
防御☆☆☆☆

松本人志コメント
病気が出た時にどっちに行くかですね。
松本人志コメント
おもろいときめっちゃおもろいんですけど面白くないとき全然面白くない。
プラスと出るかマイナスとでるか笑

シーズン2は特に生々しかったです。みんな普段からいろいろなネタを考えながら、完成されたものを出していくんですけど、裸になったり訳がわからなくなっている姿は、芸人が見たら全員ぞっとするんじゃないでしょうか。あの現場はなんなんだろう?と惹きつけられて参加を決意しました。いろんな状況が起こると思うので、どれだけ生き残れるのか試したいです。
プラス・マイナス岩橋 コメント

極楽とんぼ山本

攻撃☆☆☆
防御☆☆

来たかって感じしません?10何年溜めてた想いを出してほしいなと。ここで輝けるやつだと思ってますけどね。

終盤になればなるほど、ひりひりする感じが伝わりました。戦略はニュートラルなハート、ニュートラルな立ち位置を自分の中で描き続けています。

ドキュメンタル シーズン3 2話はどうなる?

伊達と後藤がリードしながら、ケンドーコバヤシ、秋山、くっきーが能力の高いボケをどこまで出せるか。
しかし笑いとは緊張と緩和なのでしょうもないことで木下、RG、岩橋が笑いをかっさらうことも考えられます。

心配なのは山本がどこまで爆発できるか。1話を見ると緊張と人見知りで終始にこやか、松ちゃん曰く「ただのいい人」になっていた。
恐縮キャラを打開できるかがカギかなと思います。

優勝者予想

ロバート秋山の優勝が堅いのではないでしょうか。
ネタも多いですし、松っちゃんが言うように憑依のできる演技派芸人でもあるので笑いを堪えるのも容易かなと思います。何があるかわかりませんが。

次回シーズン3の2話は9日水曜日の配信です!


出演者コメント引用
松本人志「ドキュメンタル」新作に春日、伊達、フット後藤、極楽山本、RGら - お笑いナタリー

www.funclur.com
www.funclur.com
www.funclur.com