Joy Oppositesのドラムとベース脱退!!原因はADAM!?

Factを解散した後、Joy Oppositesとして活動を始めたADAM、IMMY、TOMO、EIJIですが、7/17にTOMOとEIJIが脱退しました。

ん〜色々感慨深いですものがあります。
あくまでFACTからの1ファンとしての想いを綴ってみようと思います。

Joy Oppositesのこれまでの略歴

Fact解散後すぐに結成されたJoy OppositesはADAMを中心に音楽が作られました。
1st ALBUMは美メロで、明と暗が絶妙に織り交ぜられた名盤だと思います。

この頃は、shadowsはFACTを継承しJoy Oppositesは新しい音楽へ突き進んでいてどちらもよかったです。
TOMOもEIJIも新しい環境に興奮していた記憶があります。

しかし2枚目、これがとにかく暗い。ま暗いからって批判されるものではないのだが、覚えられないくらいポップさがないのです。
ライブでやっても楽しくないだろうなぁ〜TOMO、EIJIはJoyに対しての発言も無くなってきたし、どう思っているのだろう?そう感じた矢先のニュースでした。

ADAMに批判あつまる?!

ADAMはFACTの飛び道具として多大な貢献をしたと思うし、MCの盛り上げ方、Joy Oppositesの頭脳として印象付けていた半面、自己主張が強すぎたり、日本を批判する様な発言が目立ったりと批判の対象になることもありました。

アダムって日本のこといつも揚げ足取って文句言ってるけど、なんで日本に住んでんの。
だったら彼女母国に連れて帰ればいいのに。

『Joy Opposites』からTomohiroとEijiが脱退。 : メタルは負けず嫌い


今回のTOMOとEIJIの脱退は、明らかに音楽性の違いであり、ADAMのワンマンとも思える音楽思想についていけないことへの脱退であることは想像に容易いです。

それを裏付けるかの様にTOMOとEIJIは二人で音楽を続けることを宣言しています。

しかし、この様なツイートに対してADAM本人は反論しています。


Joy oppositesのEijiとTomohiroの脱退を受けて、疑いを持っていたことにさらに拍車がかかっている。
AdamがFACTに加入してから数年でFACTは終わった。
Joy oppositesもAdamが中心となって結成されたが、数年でFACTの2人脱退。AdamはFACTを自分が有名になるための踏み台にしたのか?

人にそれぞれのリアリティがあるから、あなたがそう思うなら、それは正解でしかないね。

申し訳ない、事実を知らないFACTの一ファンから見るとそう見えてしまう。
あなたがこの件に関して少し敏感になるのは当然だと思うからこういう奴のことは気にしないでください。それぞれの道でカッコいい音楽を作ってもらうのが元ファンとしては一番嬉しいです。

まあ、ファンから見たらわからなくもないけど、今はっきり言わせてくれ - Factの解散は俺のせいではない。2011年末から正式に入ったけど、2009年から皆が見えない所で本格的に関わり始めて、実は2003年から大事な友達だし、一生懸命やってたバンドだからそういう発言辞めてくんないかな?

古くから関わっていたのは今まで発売されたDVDの内容を見てよくわかっていますし、生半可な気持ちでやっていたわけではないこともわかっています。でも事実も何もわからず、疑ってしまいました。不快な思いをさせてしまい申し訳ない。

真相が語られてないFACTの解散に付いても言及されているのは驚きました。

ん〜何とも後味が悪い。。

まとめ

しかしやはり1st ALBUMがよかったのは事実だし、それを超える作品を作ってもらうことを望みます!

奥華子イベントのシステムエラー、考えられる原因とは?調べてみた

奥華子さんのLIVEが時間になっても人が集まらないという聞いた事がない珍事件が起きました。

本人やスタッフはさぞびっくりした事でしょう。


この記事では、奥華子のイベントに誰も来なかった原因について深掘りしたいと思います。

公式サイトでの謝罪

本日7月16日(月・祝)開催予定の大阪2部のイベントにおきまして、

当選メールがシステムエラーにより送信されていなかった事が、当日現地にて発覚致しました。

多大なご迷惑をお掛けしてしまった事を

心よりお詫び致します。

つきましては、振替公演を実施させていただく所存です。大阪2部ご応募の方々には、

日時を振り替えさせて頂いた上で、再度

ご応募を募らせていただくという措置を

とらせて頂きます。

詳細に関しましては、決まり次第

このサイトと奥華子のツイッターにて

ご連絡させて頂きます。

重ね重ね、ご迷惑をお掛けしてしまった事を

心よりお詫びいたします。

有限会社pirisound

株式会社ポニーキャニオン

http://okuhanako.com/information/post-3997/

当選メールがシステムエラーにより送信されていなかったとは書いておりますが、エラーって経験上人為的なものがほとんどなんですよね。
自分はプログラマーではないですがWeb系ITなので、他人事ではない怖さを感じ原因を調べてみました。

考えられうる原因は?

はてなブックマーク界隈の住人はエンジニアが多く生息しているため知見が多く寄せられていました。

システム的なエラーならアラートなり何なりで誰かしら気づくだろうし、単に2部の抽選処理を登録し忘れたとか運用エラーなのでは

いやいやいや、ありえんだろ。この手の同報配信は自前でやってはいけない。委託するもの。「当選した!」というSNS投稿をエゴサーチもしなかったのね。

メールサーバー、zenlogicだったりして。

https://yua0209.hatenablog.com/entry/zenlogic201807shougai

担当だったら血の気が引く話だが、何が原因なんだろうな…配信サービスやるような業者ならログ取ってるだろうけど、予算無くて自前配信してたらちょっとした負荷で止まるかもしれない

たぶん「担当が忘れてた」というシステムトラブルではないだろうか。ともあれ「時をかける少女」のED素晴らしかった、奥華子さん。

こういう時システムトラブルにされるけど、多分スタッフの送り忘れとか。

これはチェックミスだよね! どんなシステムでも、必ず人間がチェックする事。 完璧なものなんて無いんだよ…

この手の抽選イベよく行くけどキャパ1千人以下のとこだと当選者のみにメールやハガキ送られて終わり、レスポンス求められたことは今までない。SNSに当選報告出なくてファンが問い合わせたケースもあるし多分予算不足


意見をまとめるとサーバー側の問題より人為的なミスを指摘する人が多そうです。

エラー、ミスを防ぐためには?

ではこういったエラーやミスを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?
こちらもはてなブックマークに寄せられた意見をまとめています。

承認フロー実装なかったのか

普通は必ず当選する配信確認用メールアドレスがあって、着信を確認するものだと思うのだけど。

送信テストは…?

メールサーバのログでもキャンペーンのレポートでも確認法はいろいろあると思うが

メール送りっぱなしで終わりって仕組みがすごいな。普通はメールに記載されたURLをクリックさせるとかすると思うんだけど。

当選者にメール送りっぱなしでイベントやるというのが既にイかれてる段取りだな。起こるべくして起きたトラブルだと思う。

メール通知を前提にするにせよ、運用でいくらでも確認する手段はあるのにそれをしようとしない担当者や会社の姿勢に疑問がある。

いやひどいミスだな。すぐに検証可能じゃんこれ…ずさんだなあ…

イベント参加には限定盤の購入→応募→抽選→当選者にのみメール告知…としても、見落としが怖いし『当選メールを読んだら何月何日何時何分までに
ここをクリック』みたいな念押し確認はするものでは?

当選のエゴサーチさえ事前にしておけばよかった物を…

意見をまとめると

  • 送信テスト
  • メールが届いたことを送った方にお知らせするシステム(承認や確認用アドレス)を実装
  • ログやレポートでの確認
  • twitterのエゴサーチ

で今回のトラブルは防げたのでは?ということでした。

ポニーキャニオンは過去にもチケットでトラブルか?

竹達のときも多重当選事件があってな…と思い出していたらこれもポニキャか!

こういったミスは充分注意が必要ですね!!でも奥華子さん本人としてはメールが届いてない事より先にボイコット!?が頭に浮かんだ筈、、ドッキリの様なトラブルでしたね。。
参照
はてなブックマーク - 奥華子の大阪イベントで大トラブル 当選者にメールが届いておらず誰も来ず - ねとらぼ